ごあいさつ   特徴   おしりが      アクセス   リンク  

 

「肛門科」のご案内

肛門の病気でお困りの方、是非ご相談下さい。
肛門科では、肛門の三大疾患であります、痔核(いぼ痔)、裂孔(きれ痔)、痔ろう(あな痔)をはじめ頑固な肛門痛の治療を日本大腸肛門病学会認定専門医(副院長、後藤友彦)が診察、治療、生活指導を行っております。
診察は、肛門モニターシステムを使用し患者様と医師が患部をテレビの画面上で共に見ながら丁寧にご納得の戴けるまでご説明しております。
治療方針は「出来るだけ手術をしない」ですが、患者様の症状やご都合に合わせた最適な治療
  1)軟膏や座薬による治療
  2)日帰り手術
  3)入院を要する手術が必要な場合は連携病院をご紹介をご提供します。